フルート教室

呼吸法

先日 成果発表会を終えて、生徒さんとともに呼吸法のレッスンを受けました!身体の使い方を学ぶ必要があったからです。私も30年前から叩き込まれた腹式呼吸からアップデートしたかったので、良い機会でした✨

アレキサンダーテクニックという言葉は以前から聞いたことありましたが、なんか難しそうでスルーしてました😅

昔からお腹お腹と言われてきたので💦でも肺は胸にあるのであって、お腹にある胃袋や腸で呼吸するわけではないので納得です。

とにかく体は楽に!筋肉を使わずに立つ!骨で立つイメージ。

楽に深呼吸。。。私はどうしても下っ腹に意識がいくので、香りの良い花の匂いを嗅ぐイメージで、そしたらなんか胸にたくさん空気が入ったような気がしました。

楽器の構え方も、一度楽器を持った両腕を前に伸ばしてからフルートを構える!そしたら、胸の前が広がりいい感じで力が抜けました。

帰宅してから、いろいろと気を付けながら、ソノリテ(ロングトーン)を吹いてみると、何だか楽に響きの良い音が長く伸ばすことに成功したような気がしました。

しばらくこの呼吸法で実験です!!!フルートは特に、息が命の楽器です。

教えてくれたYくん❗️ありがとうございました‼️